頭のなかみをそのまま筆に

東大生の頭の中、少しおすそ分け。

短い文章を書く難しさ

文章を書くというのは難しいですね。とくにこのような収益化もしていない無料ブログやレビューサイトなど、社会的金銭的な利益がない記事を書くときはモチベーションを保つのが難しいです。多く書こうとするのなら本腰をいれて頭を使わないといけないし、短いのは短いので味気ないし内容も薄そうに見えるので、論点を絞って簡潔に2000~3000字ぐらいが書き手も読み手も満足するちょうどいい分量なのかなと思います。

 

ところで本日、大学の授業のレポートを一つ書きました。その文字数の指定がなんと、、、200字以内!少ない!逆に難しくないですか!?その授業は出席とレポートだけのいわゆる楽単で、生徒も教師もゆるーい感じです。200字レポートもものすごく楽だから生徒に人気があるのでしょう。

しかしですよ、200字ってあまりにも少なくないですか。全部で10数回の授業内容から一つのテーマを選んで、概要をまとめて自分の意見を書けという課題です。いや、まとめも意見も書いて200字って、無理無理。難しすぎる。それこそ適当に書いたら導入だけでも200字なんて余裕で超えますよ。上に書いた、この記事の導入でちょうど200字ほどです。一般的なレポートって大体4000~6000字だと思うのですが、テーマと導入を書いて、概要かいて、状況や背景を説明して、何か比較対象をもってきてその説明をして、結論を書いて、考察と自分の意見を言って、まとめるとだいたいそれぐらいにはなると思います。これらを200字でまとめるのは不可能でしょう。結局、概要を100字、意見を100字という感じでまとめましたが、自分が言いたいことがちゃんと伝わらないのではないかというほどに省いて書くしかありませんでした。この課題でよい成績をもらうには、授業の理解度ではなく文章力が最も重要なのではないかと思うほどです。

 

 

文章を短く書くということはとても難しく、かつ重要な能力ではないかと思います。文字数を稼ぐために長く書くよりも難しいのではないでしょうか。文章を簡潔にまとめる方法は二つあります。

一つは論点を絞ること。テーマを決めて最後までそのテーマについてだけ書くのです。話を進めていく途中で関連する別の話題に移っていって最終的に何が言いたかったっけ、とならないようにするわけですね。酔っぱらったおっさんが居酒屋でえらく長い話をしているのと同じです。目的がなく思いついたことを書いていては論点がわからなくなってしまいます。ナンセンスな文章の出来上がりです。

もう一つは書く前に構成を具体的に考えること。構成ごとの内容も簡単に考えて、紙にメモしてから実際に書き始めるとスムーズに端的に書くことができます。まるで論文を書くかのように全体の流れをイメージし書く必要のあることを過不足なく書きます。わかりやすく説得力のある文章が書けます。この書き方だと論点がずれることもありません。

文章とは、あくまで人に情報を伝えるツールです。LINEでもブログでもレポートでも、自分の意図を読者に理解してもらうように書かなければなりません。情報量が多すぎたり無駄な情報があったりすると、正しく伝わらない可能性があります。逆もまた然り。必要な情報をできるだけ簡潔に伝えることが、文章を書くゴールと言っても過言ではありません。それゆえこれを達成する短い文章を書くのはとても難しいのです。

 

では、どのようにすればより良い短い文章が書けるようになるのか。これもまた二つ方法があると思います。

一つはたくさん文章を読むこと。インプットですね。模範解答のような文章を読むのはもちろん大事ですが、他の様々な文に触れるのも大切です。新書や論文のような硬い文章はもちろん、小説の表現技法を味わったり素人のブログのつたない文を読んだりしましょう。良い文も悪い文も含め、多くのサンプルに触れることで自分の表現の幅が広がります。その中から取捨選択をしていけばいいでしょう。

次はアウトプットです。たくさん文章を書くことです。日記やブログ、レビューや紹介文、手紙や行事のあいさつ、詩なんかを書いてもいいですね。いい文章も悪い文章もたくさん書いて試行錯誤して学んでいくことが大事です。先ほども述べたように文章はあくまで情報伝達手段なので、自分の文を他人に読んでもらう必要があります。その文の批評をしてもらえるとより良いですね。

 

ブログは手軽に始められる上、不特定多数に自分の文章を読んでもらうことができます。その点で文章を書く練習としてブログを書くのはとてもよいと思います。もちろん読者に読んでもらうということを意識して書かないといけないので、必然的に良い短い文章を書くことになります。

短い文章を書こうとすると、頭を使うし疲れる。難しいからやりたくない。でも短い文章を書くことができるよう頑張ることはとても有意義なことだと思うんですよね。自分の文章力が向上すると、他人の文章をよりよく理解できるようになり、それがさらに自分の文章力向上につながります。この好循環が永遠に続くのです。たかが文章力と侮ってはいけません。何度も言いますが文章はコミュニケーションツールです。つまり、文章力は、言語能力やコミュ力につながるのです。いい文章が理解できるようになると、人生が豊かになるのです。すごいことだと思いませんか。ここまで読んだあなたは人生が少し豊かになったということですよ。

 

ちなみにこの記事は2300字ほどです。例のレポートの10倍以上です。教授にもこのブログの読者になって頂きたいといったところですかね。

短い文章を書くのは難しい、難しいけど頑張る意義はある、ということで久しぶりのブログでした~。