頭のなかみをそのまま筆に

東大生の頭の中、少しおすそ分け。

スポーツクライミングのすすめ

皆さんは「スポーツクライミング」という競技をご存知でしょうか。

高くそり立つ壁に、自身の体ひとつで挑む選手達。指先に込めた力で、限界を超えていけ。

オリンピック競技:スポーツクライミング|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

だいぶかっこいい宣伝文ですね。2020年の東京オリンピックから正式種目になるスポーツクライミング ですが、ボルダリング、クライミングというと耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。私も趣味としてボルダリングとクライミングを楽しんでいます。

今回はとても興味深くおもしろいスポーツである、スポーツクライミングを紹介したいと思います。

 

 

スポーツクライミングとは

東京2020オリンピックの公式HPに詳しい説明がありますので、引用させていただきます。

小さい頃、野山の崖を競争しながらかけ登った経験がある方は多いのではないだろうか。スポーツクライミングは、その競技性を極限まで高めたスポーツで、選手は垂直にそり立つ壁をカラフルなホールドを使って道具を持たずに自身の体一つで登る。

東京2020大会で実施される種目は、同じ条件で設置された高さ15メートルの壁を2人の選手が同時に登り速さを競う「スピード」、高さ4メートルの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」、制限時間内に高さ15メートル以上の壁のどの地点まで登れるかを競う「リード」の3つ。オリンピックでは、各選手がこの3種目を行い、その合計点で順位が決まる。どの選手も得手不得手があるため、2種目終了時点では最終順位の予測ができない。

種目によって安全確保のためのロープなどの器具は装着するが、登るためには道具の使用は許されず、素手とクライミングシューズのみで壁に挑む。身体能力とテクニック、そして攻略するための読みが必要。何よりも知力や判断力がないと勝利を手にすることができないスポーツなのだ。

 

 1989年に初めてワールドカップが開催されるなど比較的新しいスポーツですが、2020年の東京オリンピックで追加種目となり、現在世界中で競技人口が増えています。私たちがいうボルダリングやクライミングは、このスポーツクライミングを幅広い人が楽しめるように難易度やコースを設定されたものであり、日本でもボルダリング・クライミングジムが増えつつあるため身近な存在になってきています。

 

オリンピック種目としてのスポーツクライミングもとても見ていておもしろいですが、この記事では私たちが実際にすることができるボルダリングやクライミングについて話していきたいと思います。

 

クライミングの楽しさ

壁を自分の身体のみで登って高いところへ行く。これだけでも高揚感が味わえます。さらには壁やコースといった目標があり、それらをクリアすることによる大きな達成感をえることができます。クライミングは私たちの報酬系をいい感じに刺激してくれます。

 

登るルートや方法も一つではなく、自分の身体や技術と相談しながら自分だけの方法で登っていきます。トライ&エラーを繰り返し、己のクリエイティビティを発揮して登り切った時は大きく満足することができます。頭と身体をフル活用して成長していくのことはとても楽しいものです。

 

クライミングもスポーツですから、何度も登っていると疲れてきます。ただ、クライミングは程よい筋トレと程よい有酸素運動をあわせたような動きをするので、気持ちよく身体を動かして気持ちよく疲労します。趣味のスポーツとしては、疲労感と満足感がちょうどいいバランスをとっています。

 

クライミングの始め方

まずはクライミングができる場所を探しましょう。

ボルダリングジムは近年かなり増えてきていますので、ネットで探せば通いやすいジムが必ず見つかります。ロープなどの器具や特殊な知識などはいらないので、ジムに登録して少し登り方を教えてもらえばすぐさま始められます。

クライミングは施設の高さが必要であり、二人以上でやらなければいけなかったりハーネスの使い方やロープの結び方などの知識が必要だったりと、ボルダリングに比べてハードルは高くなりますが、クライミングができる施設も少しずつ増えてきています。実際私もクライミングをメインで楽しんでいるので、一度初めてしまえばこっちのものです。ボルダリングよりももっと高い場所まで登ることができるのこ楽しさをぜひ味わっていただきたいです。

 

次に装備ですが大きく分けて、運動服、シューズ、器具が必要になります。運動服は可動域が制限されなければ適当で構いません。ユニクロで十分です。

シューズは専用のクライミングシューズが必要ですが、だいたいのジムではレンタルがあります。クライミングシューズは流通量が少ないため高い傾向にあるので最初はレンタルでいいでしょう。

器具類はハーネス、バックル、カラビナ、チョークなど様々ありますが、こちらもジムで貸し出してくれます。趣味程度ではさすがにレンタルで十分だと思います。

 

実際に登っている様子

先日フランス旅行中に見つけたクライミング施設で、22mもの高さの壁を登った様子を動画にしました。

 


【クライミング】22mもの高の壁でクライミング【東京オリンピック追加種目】

 

こちらは先日ブログにも書いた、クライミングをしている様子をGoProで主観のPOV映像を撮ったものです。


【GoPro】POV視点でクライミングしたよ!

 

www.imagawahibana.com

 

オリンピック種目のスピードクライミングは、ぜひ東京オリンピック本番で観ましょう。笑

 

まとめ

スポーツクライミングは頭も身体も使う、奥深くて楽しいスポーツです。世界中で競技人口が増えていて日本でもできる施設が増えつつあります。これを機にクライミングを始めてみてはいかがでしょうか。