頭のなかみをそのまま筆に

東大生の頭の中、少しおすそ分け。

質問するだけで稼げる?知識共有プラットフォーム「Quora」について

Quoraとは

Quoraとは、元FacebookのCTOが立ち上げたQuora社のサービスで日本では2017年にサービス開始された、「知識を共有し。広め深める」というミッションを持つ知識共有プラットフォームです。

f:id:ImagawaHibana:20190912145832p:plain

Yahoo知恵袋や質問箱のようなQ&Aサイトのようなものですが、これらは匿名であるのに対しQuoraは実名制です。この実名制とQuoraのシステムのおかげで、質問も回答もとても質が高く興味深いサイトになっています。

利用しているユーザーもとても幅広く専門的な知識を持つ人々が多くいるため、高品質な回答を得られるだけでなくそこから議論に広がることもあり、まさに知識共有プラットフォームといえます。

 

Quoraで質問すると稼げる?

Quoraにはパートナープログラムというものがあります。

Quoraパートナーは運営による招待制で、Quoraパートナーに選ばれると自分がした質問の閲覧数や回答数に応じて報酬を得られます。基本的には小遣い程度ですが、良い質問を繰り返して月数万稼いでいる人もいるみたいです。

Quoraパートナーの招待の基準は明らかにされていませんが、良い質問を数回して良い回答を数回すると招待されるらしいです。

 

実は私は一度も質問も回答もせずにこのQuoraパートナーに招待されました。

こんなことがあって良いのかといった気持ではいますが、私は電車移動中などにほぼ毎日Quoraでプログラミングに関する記事を読んでいたので、利用頻度などの基準もあるのかもしれません。

 

Quoraパートナーに招待されたのでいくつか質問をしてみると、閲覧数が多くて回答が多くついた質問にはちゃんと報酬が発生しました。このブログの広告収益より全然多い額が発生しているので少しもどかしいところです。。。

 

Quora自身はどうやってマネタイズしているのか

Quoraのサイトを訪れてみると、驚くことに広告が一切ありません。さらにプレミアムメンバーシップといった課金要素もないため、一体Quoraはどうやって収益を上げているのか疑問に思い調べてみました。(Quoraのマネタイズに関する質問もQuoraにはたくさんあります。)

 

結論を言うと、まだ投資家からの資金で運営をしているみたいです。Quora社自体が2009年に設立された会社で、現在も拡大しているため投資家からの人気も高く、資金調達が順調に進んでいるようです。

ただアメリカのQuoraのサイトには広告が表示され始め、これから広告等で自身で収益を生み出していくようです。Quoraでは専門性の高い記事がたくさんあるので広告主にとっても良い掲載場所になりそうです。

 

Quoraおすすめですよ

私は主にプログラミングに関する記事をよく見るのですが、どれも高品質で満足のいく内容になっています。プログラミング界隈では結構あることですが、公式ドキュメントや個人のブログ等では知識レベルが高すぎて理解ができない内容が多くあります。そのような知識のギャップを結構Quoraで解消できるのでとても勉強になります。知りたい内容が質問になければ、自分で質問すれば報酬も発生するので一石二鳥です。

 

まだまだ専門的な質問と回答が多いのですが、最近ではユーザー数が増えて一般的な質問や素朴な疑問なども増えてきました。東京都のおすすめラーメンは?みたいな軽い質問も増えてきており、少し民度の低下が心配になるところですが、それらの質問にも真面目で詳しい回答が付いているので、気軽なブログとしても楽しめます。

 

ぜひぜひQuoraを利用してみてください。あと、僕のプログラミングに関する質問にも答えてくれたら助かります。笑