頭のなかみをそのまま筆に

東大生の頭の中、少しおすそ分け。

アドセンスの不正クリックの対策法(アドセンス狩り対策)

www.imagawahibana.comGoogle Adsenseの審査に合格し、アドセンス広告を設置し始めて約2か月がたちました。 

このたった2か月の間で2件のアドセンスの不正クリックがあり、30日間アドセンスアカウントが停止されていました。

やっと広告の配信が再開され不正クリックの問題も解決できたので、今回は私のブログで実際に起きた出来事と不正クリックへの対策法を紹介していきたいと思います。

不正クリックとアカウント停止

冒頭の記事リンクにもある通り、このブログでは今年の6月にアドセンスの審査に受かり広告を設置し始めました。

広告配信が始まるやいなや、結構広告がクリックされて数円単位の収入がありました。今から考えると異常なクリック率や広告CTRでしたが、審査や広告設置にかなり手間取ったこともあり、意外に高い広告収入に喜んでおり特に管理や対策はしていませんでした。

 

ところが配信開始から約2週間後の7月頭にとつぜん広告表示されなくなってしまったのです。不正クリックによる30日間のアカウント停止です。

調べてみるとこのようなアカウントの停止をくらったことがあるブログ運営者様は結構いて、その多くが知人による善意のクリックが原因とのことでした。私も思い当たる方に声をかけ実際に善意で広告をクリックしていた方がいたため、説明をして理解していただきました。

以下の記事がとても参考になりましたので紹介させていただきます。ありがとうございました。

https://zerokara-blog.com/ad-ban-experience/

 

さて30日間がたち8月になりアカウントが再開し広告も再配信され始めましたが、なんとまだ不正クリックが続いていました。思い当たるふしもないため、アドセンスに不正クリックを報告しつつ訪問者の動向をウォッチすることにしました。

1週間ほど訪問者の情報を集めてあやしいipアドレスを特定し検索にかけたところ、これまた私の知人である可能性が出てきました。これまた連絡をとり理解していただきました。

 

今回の不正クリックは2件とも知人による善意にクリックであったため、比較的容易に対処することができましたが、広告配信を始めた時から広告の仕組みや利用規約を理解して適切に運営をすべきだったと反省しています。

 

不正クリックへの対処法

私自身アドセンス広告の仕組みをあまり理解していなかったため、適切な運営ができていませんでした。不正クリックによる不正な収益は広告主やGoogleに不利益になります。あやしいアクセスやクリックがある場合はすぐに対処しましょう。

無効なクリックの連絡フォーム

support.google.com


アドセンスでは「無効なクリックの連絡フォーム」という問い合わせフォームを用意してくれています。

不正なクリックがあった場合はとりあえずここに報告しましょう。連絡をすることで運営者がちゃんとブログを管理しているとアピールすることにもなるので、アカウントが停止されることもなくなるのではないでしょうか。

ipアドレスの特定

無効なクリックを連絡することは大切ですが、根本的な解決にはなりません。不正クリックをしている人を特定し、不正クリックをやめさせる必要があります。

そのためにはipアドレスを特定するのが手っ取り早いでしょう。

 

今回私はリサーチアルチザンプロというアクセス解析ツールを用いました。

ヒートマップ・訪問者録画機能も付いたシンプルで高機能なリアルタイムアクセス解析 - リサーチアルチザンプロ

はてなブログのアクセス解析やGoogle Analyticsでは訪問者のipアドレスまではわかりませんが、このリサーチアルチザンはipアドレスからドメイン、都道府県、OSやブラウザの情報まで取得できます。

さらにアドセンス広告をクリックしたかどうかもわかるので、誰が不正クリックをしているのかを特定しやすくなっています。

 

私は都道府県やOSから知人によるものだと推測できたため、連絡を取ることで不正クリックをやめてもらうことができましたが、もし赤の他人やアドセンス狩りだった場合はそのipアドレスからのアクセスをbanする必要があります。

WordPressでは特定ipアドレスからのアクセスを禁止することができるみたいですが、はてなブログではその機能がありません。

はてなブログでipbanをしたい場合は「忍者バリアー」などのツールを導入することによりアクセスを禁止することができます。

 

正しいブログ運営を!

先ほども述べた通り、広告は広告主やアドセンス、読者全員が関わって成り立っています。全員の利益になるよう正しく広告配信を管理しなければなりません。

収益額を眺めるだけではなく、クリック率等を監視して不正クリックが疑われる場合はアドセンスに報告し、不正クリックを防ぐよう努力するのがブログ運営者の義務であります。

この記事が適切なブログ運営の手助けになることができれば幸いです。